【本格タイ料理レシピ】蟹炒飯と豆腐スープ

【タイ料理教室を習おうと思った経緯】

もともと料理は好きなので、タイ料理の本も何冊か持っていて、たまに本を見ながら自宅で作ったりしていました。しかし、なかなか本場の味にはならず…何か物足りない感じ。それが何度か続いたことで…一度タイ料理教室に行ってみよう!と思ったのがきっかけでした。

わたしが習っているタイ料理教室はタイ人の先生が2〜3人います。(生徒の人数によって違う)先生はなんと日本語がペラペラなので日本語で教えてくれます。レシピも日本語です。安心して本場の味を学ぶことが出来ます。

【タイ料理教室を習ってみて気づいたこと】

まず、特殊な調味料やハーブを使うと本場の味になる!ということ。今まで見たことも聞いたこともないような調味料やハーブがいっぱい出てきました。(日本のタイ料理の本には大抵載っていない調味料やハーブを使います。)

タイ料理教室では調味料の細かい部分をしっかり説明してくれます。この調味料はどこのメーカーが一番美味しいか、普通のスーパーで売っているか、市場でしか売っていないか…まで教えてくれます。

わたしは料理教室で習ったことはその日のうちに家で実践しています。
家で実践してみて気づいたこと、こうした方がよかったなどなど、料理教室で学んだことを含め発信していけたらなと思います。

【レシピ】

蟹炒飯(カーオ・パット・プー)

ちなみにタイ語でカーオとはご飯・パットは炒める・プーは蟹
炒めた蟹ご飯で蟹炒飯です

《材料》一人分

ご飯        1カップ
※ジャスミンライスがオススメ(品質が良く、香りもいい)
蟹の剥き身     50g
※剥いた状態でスーパーのお魚売り場に売っている
卵         1個
玉ねぎ       1/4カップ
タイネギ      1本
胡椒        少々
にんにく      大さじ1
シイイウカオ    小さじ1/2
※大豆と椎茸の醤油
オイスターソース  小さじ1/2
塩         小さじ1/4
砂糖        小さじ1/2
蟹の味噌      小さじ2
※瓶に入って調味料コーナーに売っている。詳細は後述参照
油         大さじ1

《作り方》

  1. 玉ねぎ、タイネギ、にんにくを小口切りにする。(2-3mm)
  2. 蟹の生臭さを取るため蟹の剥き身をレンジで1分温める。
  3. 茶碗にご飯を入れて(一人分)ご飯の上に全部の調味料と蟹味噌を乗せる。
  4. フライパンに油を引いて、弱火でゆっくりにんにくを炒める。(にんにくの香りが出るまで)
  5. 蟹の剥き身と玉ねぎを炒める。
  6. 更に卵を入れてほぐし炒める。
  7. 4番の調味料を混ぜたご飯を入れて全体が均等になるように混ぜる。
  8. 最後にタイネギを入れて、胡椒で味を整えて完成!!

※盛り付けたらお好みでパクチーやライムを添えてもok

《調味料の写真》

  

写真の左から
オイスターソースシイイウカオ蟹の味噌
全て料理教室で使用した一番美味しくてオススメのメーカーです。

※蟹の味噌は野菜炒めや海鮮炒めなどに使っても美味しいです。

豆腐スープ(ケン・チュート・タオ・フー・サー・ライ)

タイ語ではケン・チュートで薄いスープ、タオ・フーで豆腐、サー・ライは海苔
よって海苔入りの薄味豆腐スープです

《材料》3人分

豚挽き肉     100g
豆腐       2本
タイネギ     2本
干し椎茸     3枚
タイセロリ    1本
海苔       1/2枚
クノール     1個 ※鶏ののスープ
胡椒       小さじ1/2
炒めたにんにく  小さじ1 ※スーパーで売っている
シイイウカオ   大さじ1 1/2
砂糖       小さじ1/2
水        5カップ ※タイでは1カップが240cc

豚挽き肉の調味料

シイイウカオ 大さじ1
砂糖     小さじ1/2
胡椒     小さじ1/2

《作り方》

  1. 干し椎茸を千切りにして水(約100cc)に浸しておく
  2. 豚挽き肉のと調味料を混ぜる
  3. タイネギ、セロリを各2cmに切る/豆腐は4つ切りにする(←タイの細丸い豆腐の場合)
    ※日本の豆腐の場合は食べやすい大きさでok
  4. 水が沸騰したら、クノールを入れて干し椎茸ともどし汁、豚挽き肉を丸い形にしていれる。
    ※豚挽き肉は手で丸める必要はない。スプーンで軽く丸めて入れればok!
  5. 5〜7分くらい煮たら、豆腐を入れて、シイイウカオと砂糖を入れて味をつける
  6. 海苔、タイネギ、セロリを入れる。
    ※最後はあまり煮込まないのがポイント!!煮込むとネギとセロリの食感と味が抜けてしまう。
  7. お椀に盛った後、胡椒少々、炒めたにんにくを上から振りかけて出来上がり!!←なくてもok お好みで。

クノール

【自宅で実践して感じたこと】

料理教室で習ったのとそのまま同じ味で作ることが出来た。というか、レストランで食べてるような味。使う食材はタイの食材ばかりなので、スーパーで調味料など全てを揃えても安かった。本場の味で、美味しいご飯が作れて、これこそコスパがいいーーー!!って感じました。どちらの料理も時間や手間もそんなに掛からず、パパパッと作れるので面倒くさがりやの私には合っているかなーと。スープも薄味で野菜たっぷりのヘルシースープなので女性やお子さんにおすすめ。