◆期間限定◆【インターナショナル バルーン フェスタ2018】in シンハーパーク/チェンライ

イベント情報

🎈INTERNATIONAL BALLOON FIESTA 2018
📆14-18FEB.2018
📍SINGHA PARK CHIANGRAI
🕖16:00〜
💰無料
🖥バルーンフェスタHP
シンハーパーク公式HP
Face book

行き方と帰り方

行き方

バンコクから行く場合はチェンライ空港まで飛行機で行き、チェンライ空港からシンハーパークまではタクシーで行くのが便利。私は市内のホテルを経由し、ホテルにチェックインしてからuberでシンハーパークに向かった。

ドンムアン空港-チェンライ空港/飛行機で1時間半
チェンライ空港-チェンライ市内/タクシーで約20分/約150B
チェンライ市内-シンハーパーク/Uberで約20分/約150B

チェンライ空港でタクシーに乗る際の注意
到着ロビーを出たすぐ目の前にタクシーのカウンターが幾つかあるが、そこは高いので乗らないほうが良い。到着ロビーを出て左にまっすぐ進むと、外に出たところにタクシーのカウンターが別途ある。先に確認したところでは市内まで200Bと言われたが、出口外の受付では150Bだった。

シンハーパークからバルーンフェスタの会場まで

シンハーパークは東京ドーム約270個分、約12.8平方キロメートルもあり広大な敷地である。歩いて移動できる距離ではない為、タクシーを降りる場所が重要。とはいえ、バルーンフェスタは有名なフェスなのでタクシーorUberの運転手は駐車する場所を知っている。指定の駐車場が幾つかあり、イベント中は駐車場からバルーンフェスタの会場まで無料のソンテウが運行している。

タクシーを降りるとソンテウが待機しているのでこれに乗り、バルーンフェスタの会場までいく。

ソンテウに乗って5分ほどでこのタワーが見えるところに到着する。入り口では荷物検査が行われ、ドリンクは持ち込み不可。

帰り方

ソンテウを降りた場所の横にパーキング行きのソンテウの乗り場があり、この奥にタクシー乗り場がある。タクシー乗り場にいる係員に行き先を伝える。※車で訪れる人がほとんどなのか…タクシーを待つ客もあまりおらず、タクシー自体も数台しかいない。※帰りはパーキングまでソンテウでいく必要がない。直接タクシーに乗ることが出来る。

ここの奥にタクシー乗り場がある

園内の地図

手前側の太い赤で囲まれているところがバルーンフェスタの会場。会場内では、飲食店の出店や絵画のお店、洋服屋、レストラン、コスモス畑、グランピングスペースなどがある。

バルーンは④の池の周りで上がる。周辺の芝生で観る。

バルーンフェスタは16:00〜となっているが会場には早めに入ることができる。私が到着したのは15:00。既にちらほらお客さんがいた。この時間帯はとても暑いので注意!!

 

2月チェンライの気候
チェンライはタイの中でも北のほうに位置し、2月は乾季ということもあり朝晩は冷えて20度をきる。10:00〜17:00くらいまではとても暑い。日差しが強く33度くらいまでは上がる。日中と朝晩の気温差が激しいので長袖は持ち歩いていた方が良い。

 

いざバルーンフェスへ

私は二日間行ってきた。一日目と二日目ではバルーンの飛ばし方から雲の様子が全然違かった。また別の位置から観ることによって二回楽しむことができた。バルーンは17:00頃から徐々に上がりはじめる。第一部が17:00-18:00、第二部は19:45-20:30。一部と二部の間の時間に食事をしたり、周辺の出店を見たり、ステージでは音楽ライブをしている。

一日目

遠い位置から飛び始める

徐々に近くに飛んできて観客席に着陸

真上を飛んでいきます

このハートが一番可愛かった

後ろを振り返ったら綺麗な夕日が!

第一部のバルーンが飛び終わる頃にはこんなに日が暮れていた

19:45頃から第二部が始まる

夜の部は空中には飛ばないが、音楽が流れてバルーンがライトアップされプロジェクションマッピングを楽しむことが出来る

二日目

見ての通り雲ひとつない晴天。そして池を囲むようにして綺麗に並んでバルーンが飛んだ。

バルーンが飛び立つまで

始めは扇風機のようなもので空気を送り込み、ある程度膨らんできたら火を吹き込んで横になっているバルーンを縦に起こす。7名くらいの人に支えられながら助走をつけ、中に乗っているのは二人。火を吹かしながら飛び立って行った。飛ばすまでに総勢10名ほどのスタッフで作業していて、飛び立つまでは1時間ほど。これだけの時間と人の力があってこそ、やっと一つの大きなバルーンは宙に飛び立ち、人に感動を与えているのだなあと近くで見て感心した。

周辺のレストランと屋台

BARN HOUSE

バルーンフェスタ会場の入り口入ってすぐのところにあるイタリアンレストラン『BARN HOUSE』。サラダは美味しかったけど、ピザはアンチョビが効いていて少し生臭く、とてもしょっぱかった。イタリアンレストランでピザが微妙って残念。

Rocket salad 150B

Shingha beer 70B×2

Pizza napolitana 320B

ハンバーガー屋

ピザ屋のすぐ近くにはハンバーガー屋さんも。ジューシーで美味しそう!!
ピザじゃなくてこっちのハンバーガー食べればよかった。と思うほどいい匂いに唆られた。

屋台

シンハーパークといったらシンハービア。

シンハー生ビール 85B×2

屋台の席は沢山あるが、第一部のバルーンショーが終わった瞬間に屋台に人が流れて来るのであっという間に満席になる。

屋台広場からの景色

ガチ屋台だと衛生面が気になってしまい苦手だが、ここの屋台は清潔感があり美味しかった。どれも大体50Bほど。

周辺の見どころ

ライトアップされた可愛い写真スポットが沢山あり、子供の遊び場もあり、ステージではライブをしており、見どころ盛り沢山。

屋台の席がこんなに沢山あるが、日中は直射日光で暑すぎてお客さんは一人もいない…。夜になると一気に満席になる。

アイ ラブ レオ

数店舗、絵画ショップがあった
私も思い出にバルーンの絵を買った

グランピングコーナー
ここで宿泊も出来るらしい…
聞いてみたらすでに満室の模様

ここのタイティーが美味しくて二日連続で飲んだ

フォルクスワーゲンの可愛い車も展示さていたり

コスモスが満開でコスモス畑がとても綺麗

バルーンの中が子供の遊び場になっていたり

くるくる回転するアトラクションもある

ここのステージで連日ライブをしている

満席の屋台

まとめ

期間限定のイベントだが、是非タイミングが合えば一度は行っていただきたいと思うほど良かったイベントだった。この規模のイベントで入場料もかからず、バルーンを間近で観ることができ、沢山のお店が出店していてその場にいるだけで祭り気分を楽しむことができた。また価格はほとんど現地価格となっており、バンコクのフェスに比べると安いと感じるものばかり。人は沢山いたが、敷地が広い為、歩けないほどの人ではなかった。トイレは比較的綺麗で、トイレットペーパーがちゃんと補充してあるのも良かった点。数も多く、長蛇の列で待つこともなかった。シンハーパークの管理体制が整っていたので、ストレスなく楽しむことができた。シンハーパークには動物園、ジップライン、サイクリングなども体験出来る為、次回はイベント以外でも訪れたいなと思うほどシンハーパークに感動した。